①医師になるための準備

医師の転職を考えるには、医師のキャリア全般をしっかりと追っていくことが必要です。
医師転職を知る

医師のキャリアの始まりは「医師になりたい」と考えた時だということができます。最近では医師を使った小説や漫画が多くありますが、かつて多くの中高生に影響を与えたのが名作「ブラックジャック」でした。無免許医のブラックジャックは患者に多額の治療費を請求するわけですが、一見無茶に思えるブラックジャックの主張には生きることに対する敬意が含まれています。なのでブラックジャックを読んで「無免許医になりたい」と考えた高校生は皆無といってよく、一人ひとりの命を支えたいと考えた学生は非常に多かったといえるでしょう。医師として活動をしていくと悩むことが非常に多いです。患者の命を預かるのだからそれは当たり前だといえます。そういう時にはブラックジャックを一度読み直し、自分の頭で考えるという医師も実際に存在します。

「自分が医師になる」と決意をするのは学生時代です。確かに他の学部を卒業したり社会人生活を経てから医学部に入る人も少なく無いですが、大方学生時代に医学部志望ということで進路を決めます。しかし医学部は他の学部より明らかに難しいこと、そして私立だと学費も極めて高くなるので配慮するべきことが多いです。学費を考えたら国立大学に進むという高校生は多いでしょう。国立大学と私立の医学部では全く授業料が変わります。そのため私立の大学には親が医者という人が非常に多く、国立大学には一般人の子息も多くいるという状況になります。ただし国立大学は受けるべき科目が多いので、やはり一浪二浪する人たちが多くいて当然になります。特に物理・科学・生物では様々な知識が必要とされます。

そのような難関をくぐり抜けて医学部に進学をするわけですが、やはり志望校を決める段階でもしっかりと考えなければなりません。一般に学生が医学部に進むときは「家からの距離」「偏差値」「大学の名前」などを元にして志望校を決めるわけですが、「どの医学部を出たか」ということはその後の医師の人生に極めて大きな影響を与えます。しかし学生時代は偏差値ばかりを気にして医学部を受ける、もしくは名の知れた大学を受けるということが一般的なので、医師の人生そのものを考えることはありません。親が医師だとしても「ひとまず医学部に受かって欲しい」と考えるものなので、やはりどこであっても医学部に入学するのは簡単ではないということになります。

②医学部に入学して学んでいく

医学部に入学した後に、学生たちがどのように学んでいくのかを書いていきます。

どの医学部に入学しても学生が学ぶことは変わりません。日本のどの医学部であっても受ける国家試験は同じなので、カリキュラムも同じものになって6年間学んでいきます。ここでは医学につながる生物学や化学・物理学もそうですが、英語や場合によってはドイツ語も学んで医師として必要な知識と教養を身に着けていきます。そして学科と同時に臨床で実践的な医学を学びます。一般人の検体を「教材」として学んでいくことから、生命の豊かさや尊さも理解していくことになります。確かに医学部で學んでいる最中に「医師は自分に合わない」と感じる学生もいて、そのような人は医師になってもあまりよい人生を送れないというミスマッチもあります。そういったことも医学部で学んでいく段階ではっきりしていくといえます。

一方医学生時代は必ずしも医学の勉強だけをしていればいいということではありません。他の学生と同じようにサークル活動をしたり他の課外活動をするのがいいでしょう。これは様々なことをして将来の医師としての幅を広げる土壌を養っておく、ということなります。医師として活動をしているといろいろな患者にも会いますし、勤務状況によっては一刻を争うような事態にも直面します。そのようなことを他のことを通して体験しておくのも必要です。例えば医療系の映画を見たり小説を読んだりするということです。小説であれば海堂尊・山田風太郎・帚木蓬生などがよいテキストであるといえるでしょう。こういったものからも医療を学んで将来の自分の糧とすることも重要であるといえます。

医学部の学生はその大学の医局の影響を強く受けながら学んでいきます。カリキュラム自体は大学によって変わることはありませんが、どの医師/教授に学ぶかということが影響をあたえるわけです。やはり医師にも医師の数だけ医療に対する考えがあります。その行き違いで退職をするという医師も少なくありません。それを考えるとどの医師にどのような考えを教えてもらうかということが重要になるわけです。しかし医師も最終的には自分の考えを確立して医療にあたるものです。なので様々な医師や先輩から影響を受けるのはいいことであるといえるでしょう。その第一歩が医学部での授業であるといえます。

このように医学生は医師の卵であると同時に一般の学生であるともいえます。幅広く影響を受けて視野の広い医師になることを目指してください。

③研修医時代の医師が学ぶべきこと

研修医時代の医師は徹底的に医療の基礎を叩きこまれます。雑用レベルの医療からやっていくのが適切だといえます。

国家資格を取得して晴れて「医師」になった医師は、まずは研修を受けるためにどの医療機関で学びたいのかという申し込みをします。抽選になることもありますが、たいてい希望がかなってその医療機関に配属されます。そこでの前期研修の2年間は過酷を極めると言っていいでしょう。とにかく朝から晩まで病院で働かされます。7時から22時を週6日というのが一般的な研修医の日常です。これが当たり前であるとして、病院によっては徹夜で働くこともありますし、毎週当直があるのが当然とされています。プロの医師になるための強烈な洗礼であるともいえますが、医師がやる必要がない雑用まで行うことになります。そしてそれを行うことで看護師などコメディカルの環境が分かるということだといえます。

そしてこの時代に必要なのは「医療科目にかかわらず患者を診る」ということです。医師が勤務をし始めると自分の専門の科目しかかかわらなくなります。しかし当直などでは科目に関係なく患者はやってきますし、何か対処をしなければならなくなります。また大きな災害が起きた時は科目などに関係なく医師として処置をしなければなりませんし、一刻の猶予もなく患者の対処をしなければならないことがあります。医師としてはそういった事態を想定しておきたいものなので、多忙を極める前期研修が必須であるという結論になります。またこれだけ忙しい状況であっても研修医の収入は非常に低いです。現在でこそ30万円程度の収入がありますが、かつては10万円ほどで働かされていました。このような過酷な状況を考えても前期研修で医師が学ぶことは多いといえます。

しかしこの状況で精神を病んでしまう医師が存在するのも確かです。医師の働き過ぎは社会問題となっていますが、前期研修の段階でその萌芽が見て取れるというわけです。また医師は自分が医療のプロであるだけに、自分で自分の健康状態を過信してしまうという問題があります。しかも患者に献身的に尽くそうとする医師ほど、自分の健康を顧みずに働いてしまうということです。現状では医師の働きすぎを抑えるのはなかなか難しく、解決には時間がかかると見られています。しかし研修医の段階からこのような事態が出来することをよく理解しておけば、過労を予防することにつながるということができます。

④医師の転職のはじまり

研修医を終えた段階から転職をする医師が出始めます。

前期研修を終えた段階で転職をする医師はほぼいませんが、後期研修の3年間を終えた医師はその病院から離れることも考えます。医局を離れる理由を挙げてみると「給料が低い」「強制的な人事から離れたい」「長時間勤務をやめたい」ということになります。
「給料が低い」というのは医局の医師の殆どが感じていることです。医局員の年収は800万円程度ですが、一般の病院に勤務をすると年収が1,500万円程度に上がることがあります。さすがに700万円の年収の差は大きですから、医局を離れたいという医師がいても当然といえます。
また医局の「強制的な人事」も大きな問題だといえます。医局には関連病院というその医局と非常に強い関係を保っている病院があります。関連病院の数はそのまま医局の影響力の強さを表します。なのでかつては医局はより多くの関連病院を抱えようと活動していました。医局の医師は辞令一つでそれらの関連病院を転々とすることになります。一般的には医局と同じ県内に関連病院があるわけですが、影響力が強くなるとその県から遠く離れた土地に病院が存在するパターンもあるわけです。そういった僻地に本人の希望とは関係なく飛ばされるわけですから、家族を抱えている医師が医局に勤務を続けるのは簡単ではありません。
一方医師の「長時間勤務」は社会問題になっています。これを改めたい医師は非常に多いですが、多くの病院の医師が長時間勤務を強いられているのが現状です。しかし心身に悪影響を受けてしまった場合は、忙しい職場を離れることはプラスであるといえます。このように医局にいる医師が転職を考える理由は大きく3つあるわけです。

しかし医師が医局に勤務をしていて学べることもまた多いです。「世界的権威と仕事をする」「チームとしての医療を学ぶ」「様々な患者を診る」といったことを通して医師は自らの腕を上げていきます。日本の医局にも世界的な権威と言われる医師が実際に存在します。彼らの腕前を目の前で見る、そしてともに医療にあたることは医師にとって確実にプラスになります。そこまで至るには長い年月がかかりますが、医師の修行を考えたら医局で勤務をする価値は高いといえます。また医療の基本はチームで行うものなので、関連病院を転々としながら少しずつ役割を変えて医師は成長します。教わる立場から教える立場になって腕を上げるのは医師であっても変わりません。またひとつの病院にいたのでは遭わないような患者も、他の病院に移ることで診る機会がでてきます。そういったことも医師を成長させていくといえます。

⑤医師の実際の転職

医師が転職をするときは医師転職サイトを利用することが最善の方法です。

医師が転職をするときに医師転職サイトを利用するメリットは多くあります。「医師の転職市場を知れる」「煩雑な作業をコンサルタントに任せられる」「求人案件がない病院にも就職できる」などが挙げられます。とにかく医師は医療のプロでも転職のプロではありません。なので医師の転職を熟知しているコンサルタントと二人三脚になって活動することが求められるのです。
「医師の転職市場」は病院に勤務をしているだけでは分かりません。実際に市場を見ながら働いている人の意見こそ参考になります。例えば「現在は売り手市場なのか」「この県では年収はどれくらいを望めるのか」「病院同士のつながりはどうなのか」といったことです。医師は医学部の医局だけに勤務をすることで医師人生を全うできますが、そうなるとは限らないのが実際のところなので、医師転職の市場を知るということは合理的であるといえます。
医師転職のコンサルタントは転職にまつわる煩雑な作業を全て引き受けてくれます。特に契約書の作成は必須となっているといえます。医師業界も必ずしも法令が遵守されているとは言えないので、契約書の作成は大きな影響力を持ちます。例えば面接の段階では「長時間労働はない」「有給休暇を取れる」「この額の年俸は保証する」といっていても、勤務をし始めてみるとその条件と違っているということがあるものです。これまでは泣き寝入りをするしかなかったわけですが、現在は適切な契約書をお互いに取り交わすことで、確実に医師が働きやすくなっているといえます。
「求人案件がない病院にも就職できる」ことは医師転職サイトの面目躍如といえるサービスです。これには「医師の転職は一般の人の転職とは違う」「むしろプロスポーツ選手に近い」と考えるのがいいでしょう。つまり交渉によって条件が大きく変わってくるということです。このような方法ならば医師の希望を聞いた上で、コンサルタントが病院と交渉することは難しくありません。交渉した上で「収入を高くする」「有給休暇の条件を入れる」といったことをすれば、医師にとってプラスになります。そしてそれを確実に守れば病院に対する評価も上がります。このように「案件のカスタマイズ」は医師一人では到底やりきれないものです。そして医師は普段の業務に集中しているだけで、コンサルタントが交渉を進めてくれるということもメリットです。
このように医師転職サイトを利用して転職をすることのメリットは多くあります。

医師転職サイトを知る